トータルテンボスのツッコミ担当で、その独特の髪型と破天荒キャラの藤田さん。
芸歴20年選手でもあり、先輩芸人からもアツい信頼があるようです。
そんな藤田さんのエピソードをまとめてみました。

トータルテンボス藤田のプロフィール

藤田 憲右(ふじた けんすけ)
生年月日:1975年12月30日
出身地:静岡県御殿場市
血液型:A型
コンビ名:トータルテンボス
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

人気漫才コンビ「トータルテンボス」のツッコミ担当の藤田さん。
1998年にコンビを結成し、M-1では最終決戦に駒を進めるほどの実力派コンビですね。
そんなトータルテンボスの破天荒キャラでもある藤田さん。
実は以前にドッキリでのエピソードがかっこよすぎると話題になっています。
そんなエピソードについて、調べてみました。



行列のドッキリでのエピソードがかっこよすぎる!

日テレの「行列のできる法律相談所」の番組でのドッキリ企画にて、
仕掛け人の次長課長の河本さんが、可愛がっている後輩芸人にいくら借りることができるか
といった趣旨のドッキリ企画をすることに。

舞台は居酒屋で、河本さんが藤田さんを呼び出し、話を進めていく。

河本「ちょっと色々、問題起きて、、」
藤田「えっ?」
河本「訳わからんやろうけど、、」
藤田「いや聞かないでいいす。」
河本「2日後にどうしても金が、、」
藤田「2日後ですね、ハイ全然」


藤田「いいっすよいいっすよ、もうほんと、、」
藤田200万とか、300万くらいなら
藤田「そんな貯金あるかわかんないですけど、、」
河本「お前も家庭があることは十分。。」
藤田「嫁も理解してくれるんで。河本さんだったら」
河本「ありがとう!」
~行列の番組からやりとりを抜粋~

結婚して藤田さんは小遣い制にも関わらず、藤田さんは河本さんにまとまったお金をポーンと
提示して、番組の反響がすごく、「藤田かっこいい!まじで男やな!」等のコメントが多く寄せられました。
もちろん河本さんのドッキリ企画ですが、普段から可愛がってもらっているということで、
せめてもの恩返しのつもりでの返しだったんでしょうね。
藤田さんの男気が垣間見える場面でした。



私生活でも破天荒キャラ?

まず披露されたのは、トータルテンボスのご褒美企画。テーマが「トータルテンボス藤田の悪い行いを直す」に決まると、寝耳に水だった藤田は「まだ表に出てないよ!」と言って困惑した表情を見せる。そんな中、トータルテンボスの後輩芸人などの4組が登場すると、それぞれが「酒癖」「一般人と揉めすぎ」「キレるポイントがおかしい」「怖すぎる」と言って悪行の数々を暴露していく。

破天荒キャラで有名なトータルテンボス藤田さんですが、日常生活でもかなりの破天荒ぶりのようですね。
後輩芸人に証言されるあたり、日常的に暴れまわってるのかと。。

あまりに酒癖が悪く、昼まで続いた飲み会帰りに、自宅の中庭で寝てしまい、小学生の娘に発見され「ママ! パパが死んでる!」と心配させたエピソードや、運動会の場所取りで他の子どもの父親と本気で揉めたエピソード。そして、売れない時代に同居していた作家は「占い師に“時間や金にルーズ”と言われ、それに対してキレられ、しかも、藤田も同じ結果が出た」というエピソードを告白。また怖すぎるというエピソードでは、芸人たちで組んでいる草野球チームのLINEでのやり取りが公開され、出欠席への返答に対してガチギレし、最終的には「殺すぞ」を連発しチームメイトはドン引き。さらに、実際の野球でも「藤田さんが来ると楽しくない」「ピリッとする」と暴露されていた。

酔っぱらって中庭で寝てしまってるところを子供に見られるのは、恥ずかしいですね汗
まぁ、自分の子供なのでそれぞれ家庭の事情もあるとは思いますが、、
運動会の場所取りでお父さん同士でもめてしまうのは、見方を買えれば家族思いの良いお父さんともとれますが。。
後輩芸人の方々もかなりビビっているのが垣間見えますね(-_-;)

数々のエピソードに対して、審査員からも「立場をわきまえずに一般の人と揉めちゃダメ」「本当に悪い」と本気のダメ出し。そして、罰ゲームで、藤田が大嫌いなニンジンを我慢して食べることになると、地上波だったら確実にカットされるであろうネタを投下。その後のスタジオトークでも、ファンからのタレコミで「絶対に使えないとわかっている下ネタを何でするのか?」という意見が寄せられていることが明らかになるなど、数々の問題点が浮き彫りになっていた。

芸能人として活躍の場がテレビのため、極力はプライベートの揉め事は避けたいところですが、、
見方を変えると人間味のある性格ではあるかと思いますが、もう少し丸くなってもいいかなと、個人的には思います。。

何にしても、これからの男気あふれる破天荒な藤田さんの活躍を見守っていきたいですね。