あの、上岡龍太郎さんの弟子でもある、芸人のぜんじろうさん。
最近テレビで見かけなくなってしまいましたよね。
その理由は何なんでしょうか・・
今日は、芸人ぜんじろうさんがテレビから消えた理由について迫っていきましょう。
まずはプロフィールから。

ぜんじろうプロフィール

名前:ぜんじろう
本名:金谷善二郎(かなたにぜんじろう)
生年月日:1968年1月30日(50歳)
身長:170センチ
血液型:B型
出身地:兵庫県姫路市
師匠:上岡龍太郎
職業:お笑いタレント
コンビ名:月亭かなめ・ぜんじろう(1988年~1989年)
活動期間:1986年~
事務所:吉本興業

平成の明石家さんまとも呼ばれた、ぜんじろうさん。
彼が、テレビから消えたのはなぜなのか、そしてその後のぜんじろうさんはどうなったのか、見ていきます。
その前に、まずは師匠でもある上岡龍太郎さんとの出会いから振り返りましょう。

-スポンサードリンク-



上岡龍太郎との出会い

ぜんじろうこと金谷善二郎。彼の師匠は上岡龍太郎でした。2人の出会いはちょっとドラマチックです。

高校卒業後、大学に通うわけでも働くわけでもなく、怠惰な生活をしていたぜんじろうは、大阪で友人と遊んでいるときに、上岡とバッタリ出くわします
ぜんじろうと友人はこの上岡を浜村淳と勘違いし、2人してジロジロ見ていると、上岡は「君ら、僕と握手したいんか?」と自ら歩み寄ってきたとのこと。
その後、またも偶然出くわしたぜんじろうと上岡。「これは何かの縁やな」と上岡にお茶へ誘われたぜんじろうは、極度の緊張の中、ウケを狙って「弟子にしてください!」と発言。
すると上岡は「ええよ」とあっさり快諾。かくしてぜんじろうは、芸人の道を歩むこととなるのです。

出逢うことが運命だった上岡さんと、ぜんじろうさんだったんでしょうね。
そう何回も同じ方と(しかも有名人!)偶然出くわすことなんて、そうそうないですからね。

弟子修行時代を経て、吉本興業に所属。関西ローカルのテレビ番組『気分はジャマイカ』に出演。
この当時は、自分を吉本にスカウトした人物からの指示でラッキーぜんじろうと名乗らされていた。

ぜんじろうさんの前の名前は、《ラッキー》がついてたんですね。
確かにこの方、相当ラッキーな方だと思います。
さてさて、ラッキーぜんじろうさん、今後どうなっていくのでしょうか。

1992年秋、突如毎日放送から関西ローカルのテレビ番組『テレビのツボ』の司会の話が舞い込んできた。
放送時間は深夜で、超低予算、破格に安いギャラという悪条件をはねかえして、大桃美代子や、藤岡久美子とコンビを組んで、司会者として大活躍。関西一円で人気を博す番組になる。
有名どころでは、若き日の藤井隆も出演していた。

そう、ぜんじろうさんは元々は、関西のローカルテレビ番組からはじまっているんです。
そこから東京へ進出してくる訳ですが・・

平成の明石家さんまと呼ばれた爆発的人気

ぜんじろうは、『テレビのツボ』で得た関西での爆発的な人気と、明石家さんまにルックスが似ているということから、東京進出の際には、「平成の明石家さんま」という触れ込みで売り出されました。
明石家さんまに似ているというぜんじろうのルックスは、「幼少期に、テレビで見たぜんじろうを明石家さんまだと思っていた!」という人もいるほどで、たしかに似ているようにも思われます。

明石家さんまさんと言えば、《歯》!!そして、ぜんじろうさんも《歯》!!
確かに似てる気がします。ハスキーボイスも似ているんですよね!!
でも、せっかくなら顔より、あの頭の回転の速さと、笑いのセンスは似たいところです。

そのまくしたて気味のしゃべり方と、年齢の割にしゃがれたハスキーな声、そして出っ歯で細見の風貌は、どこからどう見ても、明石家さんまの焼き直し
コスパ抜群で場回しの上手い、このさんまとよく似た若手芸人が、関西のテレビ業界から放っておかれるはずありません。
こうしてぜんじろうは、瞬く間に関西でレギュラー番組10数本を抱える、超売れっ子芸人となったのでした。

いや~やっぱり、さんまさんに似たくないですね。容姿だけは!!さんまさんごめんなさい。
さて、関西で超売れっ子芸人となったぜんじろうさんは、東京へと進出していくのです。

大阪吉本から東京吉本へと移籍し、主に東京での仕事をメインに考え、関西ローカルの仕事がある時だけ、大阪へ戻るというスタイルを取るようになった。
しかし、東京の業界人が求めるものと、ぜんじろうの資質との間には元々大きなギャップがあったことから、東京で抱えた番組は全て降板する事になる
そもそも、関西で成功したぜんじろうに、東京のテレビマンは、何をさせたらいいのか、よくわからなかったのである。「司会者として大成功している」という話だけがあった。

さて、東京進出をし、爆発的人気を集めたぜんじろうさんですが、その人気はそう長くは続かなかったのです・・
そう、関西での成功をもたらしたぜんじろうと、東京の業界人が求めているものが違ったのです・・
人気を継続していくには、需要と供給の関係が成り立たねばいけませんからね。

次々と番組降板へ・・その理由とは

「平成の明石家さんま」というふれこみなのだから、さんまのように、素人を上手に回していくのだろうと思われ、そういう仕事を割り振られたが、うまくいかなかった。「上岡龍太郎の弟子」なのだから、知性のある毒舌スタイルなのだろう、とそういう役割を期待された仕事もあったが、それもハマらなかった。

こうなってくると、平成の明石家さんまと言われていたことが、よかったのか、悪かったのか、と思えてならない。
さんまさんに似ていると言われ、一方では、こういう人なのだろう、一方では、あーゆう人なのだろうと、それぞれが期待し、思っていたことが違ったことがそもそもの原因なのかもしれない。

ぜんじろうのお笑いの実力はといえば、明石家さんまのように素人イジリに長けているわけでもなく、「司会はできても、自分自身が面白いというわけではない」、「業界人とうまく付き合えない」など、さまざまなことに思い悩んでいたそう。
どうやら、「ぜんじろうは平成の明石家さんま」というのは、言い過ぎだったようです。

皆が、期待しすぎていた部分もあったでしょうし、勝手な決めつけをしていた部分も大きいでしょう
もし、平成の明石家さんまなどという名前がなかったら、ぜんじろうさんはもっと別の場で活躍することが、出来たのかもしれませんね。

関西のテレビで爆発的人気となったぜんじろうさん、東京へ進出したけれど次々と番組も降板を余儀なくされ、結局は《干された》状態になってしまった。
本人もこう語っていた。

「(東京のテレビ関係者から)求めていただいていることが出来なかった」

もしかしたら、ぜんじろうさんは、東京に進出せず、関西で活動されていた方がよかったのかもしれません。
もちろん、今それを思っても、後の祭りになってしまいますけどね・・。

-スポンサードリンク-



現在のぜんじろうさんはどうしているのか?

結論から言うとぜんじろうはまだ、吉本に所属していて、芸人として頑張っています。
日本だけではなく、海外でも積極的にライブなどを行っているみたいです。

そう、ぜんじろうさんは現在、まだまだ芸人として、活動され、日本だけでなく、海外でも活躍される芸人さんなのです!!!
明石家さんまさんに似てると言われていたぜんじろうさんですが、なんだか顔が変わったんじゃ・・??

こういったライブの活動以外では、ユーストリームという動画サイトで、「zenjiro showという自分のチャンネルで、動画の配信を行っています。この「zenjiro show」はお笑いを見せるのではなく、ニコ生みたいに普通に喋っているだけですネタをやっている訳ではない様です。

ユーストリームというのは、動画サイト。そこで、自らがネタから放送を手掛け、インターネット番組の配信に力を入れているようです。
Ustream(ユーストリーム)はアプリでもあるようなので、ぜひ、ダウンロードして、zenjiro showを検索してみてください!

さて、今回は、テレビから消えた笑いタレント、ぜんじろうさんに迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
ぜんじろうさんは、関西で活躍されていた時の方が、ぜんじろうさんらしく、活動が出来ていたのでは?と、私は思いました。
誰もが夢見る、東京進出なのかもしれません。
が、しかし、《そのひとらしく》お仕事ができ、活躍されることが何より一番だと思います。
それが、関西だとしても、東京だとしても。
現在のぜんじろうさんはきっと、《自分のしたいことを自分らしく》活動されていることでしょう!
これからの、ぜんじろうさんの益々のご活躍に期待したいですね!!!

-スポンサードリンク-