【きれてな~~~い!】のCMで有名な格闘家のマイクベルナルドさんの死去。
まだ、42歳という若さでお亡くなりになりました。
私自身、格闘技はあまり見ないのですが、(ど~しても、イタッて反応しちゃうんです。)
CMでも有名だったため、マイクベルナルドさんの事は存じておりました。
さて、若くしてこの世を去ったマイクベルナルドさんの死因等についても見ていきましょう。
まずはこちら!↓↓

マイクベルナルド プロフィール

本名:マイク・ショーン・ベルナルド
通称:南アフリカの剛腕
   南アフリカの大砲
   初代無冠の帝王
身長:193センチ
体重:110キロ
階級:スーパーヘビー級
生年月日:1969年7月28日
死亡月日:2012年2月14日(42歳没)
国籍:南アフリカ共和国
出生地:南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウン
死没地:   同 上
スタイル:剛柔流空手・ボクシング・キックボクシング

マイク・ベルナルドはk-1などで活躍した元キックボクサー
プロボクサーとしてのキャリアもありボクシングは全13戦しており、戦績は11勝(9KO)1負1分。
ボクシングの戦績でも11勝の内、実に9勝がKO勝利であり、k-1でもKO率の高いハードパンチャーだった。初期のk-1では、アーツ、ホースト、フグと共に『k-1四天王』と称された。

長年の試合によるダメージの蓄積により、キャリア後半は持ち前の打たれ強さがなくなり、かなり打たれ弱くなってしまっており、パンチドランカーも心配されていた。
2004年に現役を引退し、2007年にはk-1の育成プロジェクトに指導者として参加していたが、そのプロジェクトを最後に公の場に姿を表すことはなかった
2012年2月14日、42歳という若さで亡くなった。

アンディ・フグさんや、ピーター・アーツさんとの試合も有名なマイクベルナルドさん。
一見怖そうに見える容姿とは打って変わり、非常に温厚で愛嬌のある方だったそうで、訃報を聞き、悲しむ方も多かったようです。
さて、マイクベルナルドさんはなぜ若くしてこの世を去ったのか。
着目してみましょう。

-スポンサードリンク-



マイクベルナルドさんの死亡原因とは?

・ベルナルドは『錠剤を大量に服用したこと』が直接的に亡くなった理由のようですが、その前から鬱の症状が出ていた言われています。長年のダメージの蓄積によりパンチドランカーの症状も出ていたようで、うつ状態も試合でのダメージが少なからず関係しているとも言われます。

鬱状態が長く続くと、自ら命を絶ってしまう人もいますし、処方した薬が身体にあっているのか、いないのかなども大きく関わる部分です。
実際はそのへんがどうだったのか、詳細は分かりませんが、少なくとも亡くなる数年前にも症状は出ていたようです

2012年に亡くなる前にも、何度か自ら命を経とうとした未遂事件もあり、周囲の人間が気を配っていたといいます

アンディフグは病気で亡くなっており、直接的にk-1での試合が亡くなる原因とはなっていないようですが、ベルナルドの場合は試合でのダメージが少なからず鬱状態の原因にも繋がっているようです。

よくプロ野球選手の引退後というドキュメンタリーをテレビで放送していますが、、、試合でのダメージがある分、格闘家の引退後というのは他のスポーツ選手よりも大変な部分は少なからずあると思います。

・格闘技イベントのK-1で活躍した格闘家のマイク・ベルナルド選手が薬物自殺で急死しました。
享年42歳でした。

・報道によると、14日の朝、ベルナルド選手の母国アフリカ・ケープタウンの自宅で大量の錠剤を飲んだ状態で倒れており、病院に運ばれましたが、死亡が確認され死亡原因は薬物による自殺と見られているようです。

(※パンチドランカーとは:頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。また、そのような状態にある人間を指す。ボクサーに多く見られる疾患であること、最初に見つかった発症者がボクサーだったことから、慢性ボクサー脳症、外傷性ボクサー脳症、拳闘家痴呆、慢性ボクシング外傷性脳損傷パンチドランク症候群などの別称がある。)

はい、マイクベルナルドさんの死亡原因は、【薬物大量摂取による自殺】とされています。
≪プロ≫と名の付く選手たちは、少なからず、【強くいなければいけない】というプレッシャーにも日々、負けないようにと、練習や試合に励んでおられると思います。
でも、歳には勝てないし、年齢と共に若い世代の選手もどんどん出てくる。
負けしらずだった選手も、勝てなくなる。それこそ、相当なプレッシャーとストレスではないでしょうか。
マイクベルナルドさんも、その一人だったのかもしれませんね・・

自殺の原因はなんだったのか

薬物自殺の原因や理由として、数年前に離婚したこと、トレーニングジムの会長スティーブ・カラコダ(59歳)さんと会社を立ち上げて忙しかったことなどが推測として、あげられています。

会長のカラコダさんは

「ベルナルドは14日朝、自宅で大量の錠剤を服用して倒れていた。
救急搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。」 「多くの人に取り囲まれていたが、同時に孤独にもさいなまれていたようだ。」 「ベルナルドは、精神的に不安定な面があった
敬けんなクリスチャンで、心の隙間を信仰心で埋めていたようだ。」

地元紙(電子版)などは死因などは不明としているが、K―1関係者は「最近はうつ病に悩んでおり、自殺をほのめかす言葉を口にしていた。自殺だと聞いています」と説明。

薬物といってもいわゆるドラッグではなく精神安定剤や睡眠薬のようなものらしいので、いろいろな悩みを抱えていたのかもしれません。

-スポンサードリンク-



さいごに・・・

精神って壊すと、本当に怖いです。
かく言う私も、精神疾患にかかったことがありますが、本当に辛いです。
【死を考える】ことも、もちろんありました。ただ、今は生きててよかったと心から思っています。

鬱になる原因は、たくさんあると思います。
人にとっては、ちょっとしたことでも、その人にとっては、耐えがたい苦痛であったり、
人それぞれ、悩んだり、苦しんだりする理由は様々です。
生きていてほしかった。その願いも届かず、ベルナルドさんは自らこの世を去りました。
しかしながら、温厚で愛嬌たっぷりの彼の裏側には、たくさんの苦悩が隠されていたのかもしれません

その強さで、世界中を魅了し、私たちに夢を届けてくれたマイクベルナルドさん。享年42歳
自ら死を選んでしまったことは、本当に悲しい事ですが、きっと今はその苦しみや寂しさから少なからず
解放されたのかもしれません・・・

あなたの強さや、優しさは、いつまでも私たちの心の中で生き続けることでしょう。
マイクベルナルドさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。ありがとう。

-スポンサードリンク-