みなさんこんにちわ。
こんな噂を耳にしたことありませんか?
【タレントの上原さくらの殺人計画】これ、ホントだったらまずいですよね・・。
が、しかし、火のないところに煙は立たないと言いますしね。
気になるので、調べちゃいましょう!
まずはこちらから!↓

上原さくら プロフィール

名前:上原さくら
生年月日:1977年3月31日(41歳)
身長:161センチ
血液型:A型
出身地:東京都足立区生まれ、神奈川県厚木市育ち
職業:タレント他、女優
デビュー:1994年
上原さんって、41歳に見えなくないですか?
二回の結婚と離婚を経験をされている上原さんですが、本当に殺人計画があったのか?
まずは結婚の状況から見ていきますね。

上原さくら 一度目の結婚と離婚

上原さくらさんは2000年。
アパレルメーカー「DEVILOCK」の社長「遠藤憲昭」さんと交際を始めました。
上原さくらさんはこの時23歳。

2000年から交際されていた遠藤さん、社長さんですね。
この後、この方と結婚されるわけです。

2003年8月。

「遠藤憲昭」さんと結婚。この結婚を発表した時「上原さくら」さんは妊娠2ヶ月でしたが、結婚を発表した2週間後に、子供を流産してしまいます。

いわゆる、出来ちゃった結婚だったのでしょうか?
妊娠初期は、ちょっとした無理も祟るので、上原さんお仕事で無理されてたのかもしれませんね。
しかしながら・・・この結婚後・・まずはこちらです。

2007年5月15日。

上原さくらさんが自動車を運転していた時にスピード違反で摘発され、しかも免許更新をし忘れていたことが原因で刑事処分されました。

上原さんの交通違反。これは、本人が悪い!としか言えないんですけどね。
免許の更新って忘れる方結構いるんですよね。最近、私の後輩の夫が、一年更新を忘れていて、仮免許からやり直しになったと、嘆いてました。更新前に葉書がくるんだけどなあ・・・。

「おちまさと」さんと「河辺千惠子」さんの結婚式に出席した、「上原さくら」さん「遠藤憲昭」さん夫妻。新郎新婦の写真撮影の際に、写真に写る位置にいた「遠藤憲昭」に対して、カメラマンが「邪魔だ」と叱責。これに怒って我を忘れた「遠藤憲昭」さんはこのカメラマンの腹部を殴打全治3日の怪我を負わせてしまい現行犯逮捕。その後処分保留で釈放。ちなみにこの後「上原さくら」さんは自身のブログで「遠藤憲昭」さんの事件についてブログを使って謝罪。そして暫くの間活動を休止。

確かに、このカメラマンの言い方、私も怒れると思いますね。
『すいません、少しはずしてもらってもいいですか?』等、言い方、伝え方は色々あるはずです。
もちろん、だからと言って、暴力はいけません。
ご自身や、妻 さくらさんの立場を考えたら、絶対やってはいけないことでしたね。

2009年11月30日

「遠藤憲昭」さんと離婚
離婚の原因は噂によると7ヶ月前の「遠藤憲昭さんの逮捕騒動」。しかし上原さくらさんが言うには

二人の夫婦関係は友人の延長のような関係でしかなかった」

どうやらかなり長い時間話し合っての結果だったようですね。
友人の延長のような夫婦関係って私自身は結構憧れる関係です。ほら、恋っていつか終わりが来るけれど、友人関係って、一生じゃありません??ま、《物足りない》ともいえるかもしれませんが。
コレが、上原さんの最初の結婚と離婚です。

-スポンサードリンク-



上原さくら 二度目の結婚と離婚 そして殺人計画!?

2010年12月22日。

KRH代表取締役社で「フェラーリ王子」とあだ名された「青山光司」さんと婚約
翌年2011年4月1日。「青山光司」さんと再婚。
6月29日に「上原さくら」さんは自らのブログで「グァムでの挙式」を報告してました。

さ~て、この二度目の旦那様、青山さんと、騒動があるんですよ!!

2012年11月。

「上原さくら」さんがホリプロを通じて「青山光司」さんと別居中であることを発表。
結婚からわずか1年半でスピード別居。この時「上原さくら」さんの所属事務所「ホリプロ」は

「長い夫婦喧嘩だと思って欲しいです。離婚はありません」とコメントしていました。

一年半で別居していることを発表された上原さん。本当に長い夫婦喧嘩だったの???

そして同じく2012年11月。「上原さくら」さんは睡眠薬を大量摂取して自殺未遂
そしてその治療のため江東区の病院に入院することになるのだが、入院当日に入院予定の病院近くのマンション13階の階段近くで、倒れている「上原さくら」さんが発見された。
「飛び降りるために来た」と証言したらしい。2度めの自殺未遂。

彼女が自殺未遂をした理由はなんでしょうね?
旦那さんとの長い夫婦喧嘩が原因?その後・・殺人計画をしていたと、報じられてしまうんです!!!

2013年2月。

上旬に発売された「フライデー」が、「上原さくら」さんが「青山光司」さんについて、殺害しようとしているかのような発言を記事にしていた。

その計画とは?!

青山光司」さんはこう証言している。

*「上原さくら」さんは「青山光司」さんにたいして巨額の慰謝料を請求していて、しかも周囲には
「(青山光司を)知人に殺害してもらう」と言っていた。

*「上原さくら」さんは「死ねばいい」「呪い殺してやる」、などの暴言を吐きまくり
ゴルフクラブを振り回し私を幾度も平手打ちして、結婚生活末期は地獄のようだった

夫 青山光司さんも、地獄のような生活の中で、自身の命の危険もかんじていたのでしょう・・
そのあと、上原さん自身が友人と雑談してたであろう、とんでもない発言が!!(恐怖ですよ!!)
みなさん、覚悟は良いですか?殺人計画いきますよ!

「私の殺意は彼に伝わっていると思う。
お風呂に入るだけなのに私が近くを通るとビクッてしてるんだもの.笑っちゃうよね。
この人を完全犯罪殺したいとマジで思う。崖とかに二人で行くチャンスが有れば後ろから突き落としちゃうかも。でも家の中じゃむずかしいかな。逮捕されるのは嫌だしバットやゴルフクラブで殴って、死ななくても立てなくすることはできるけど、友達に頼めば殺してくれるだろうなぁ
でもその友達には一生頭が上がらなくなっちゃうかな。10年くらい我慢して生活するって方法もあるよね。
10年の間にあの人は何か不動産とか買うでしょ。その間に彼が自然と死んでくれるかもしれないしね
彼が死ねばその権利の半分は私のものになる財産分与だけでもかなりの額になるよね。
5億円ぐらいのものを上手に買わせられないかな。死んでくれなくても10年間もいい奥さんを演じていれば慰謝料は今よりもっと貰えると思う。テレビ局の人の前ではご機嫌とって、いい夫婦を演じてればいいじゃない。45歳ならリスタートしてもまだ行ける。私結構したたかな女だからね。」

こわっ!!!!!マジでこわ!!!!!これは、相当危険な香りがプンプン・・・
読んでると、ホント恐怖の手紙みたいです・・。
あのかわいい顔の上原さんから出た言葉であるなんて、信じられないですよね・・。
これは、本当に夫 青山さんは殺されていた可能性もありますね・・よかったです、殺されなくて・・。
(現在:青山光司さんは観月ありささんと再婚されて幸せに暮らされています。良かった・・)

事実でしたね。上原さくら【夫殺人計画】。

2013年3月22日「離婚調停欠席」そして・・・。
「上原さくら」さんは「青山光司」さんとの1回目の離婚調停を欠席。
理由は精神病院への入院で体調を考慮したものだったらしい。

しかも上原さんこの離婚調停中に別の男性とホテルに行くのも、撮られてるんですよ・・。
離婚調停中の不貞行為】正直言って、人として最低な行為だったとおもいますよ。
せめて、きちんと離婚が成立し、けじめをつけてからにしてほしいものです。
というか、入院中で、調停に欠席だったんじゃないのかい?

2013年4月19日「2度目の離婚

報道では「5億円」の慰謝料を請求していたとされる「上原さくら」さん。
しかし「慰謝料はゼロ」で離婚成立。

いや、慰謝料もらうべきなの、旦那さんの方では?(汗)
無事に離婚が成立して、よかったですね、青山さん!と言いたいのは私だけでしょうか?
そもそも、この青山さんとの再婚も、金目当てだったのでは?と思えてなりません。
この後、上原さくらさんは所属していたホリプロを退所され、事実上芸能界引退をしました。
引退後は、精神疾患で、半年ほど入院されていたそうです。

-スポンサードリンク-



現在の上原さくらさんはどうしているのか?

本気で殺害しよう!とは思っていなかったとは思いますが、危険な会話が報道されてしまい、
事実上芸能界引退をした上原さくらさん、現在は、こんな感じです。↓

2016年4月11日「復帰」
一度は芸能界を引退された上原さんですが、この年、芸能事務所【オフィス南】にて復帰が発表されました。
芸能界復帰をされた上原さんですが、この時、実は学生さんだったんです。東海大学二年生。
芸能活動は考えておられないみたいで、ブログを再開し、学業を優先する意向だそうです。

2016年4月28日。アメーバブログを再開。
復帰当時、執筆活動と言われていましたが、ブログを再開したいという程度のものだったみたいです。

そして2017年4月 人生初の週刊ポスト袋とじ写真!
40歳となった2017年、ご自身初の袋とじ写真を撮影されたようです。
【コンプレックスがあり、脱げない】と、話すと、【誰も脱いだところを期待していない!】と言われたとか。
ヌード写真ではないものの、大胆な下着や太ももなど、大人の魅力たっぷりの袋とじになってるようですよ!

さて、今回は上原さくらさんについてみてきました。
殺人計画は、実際に実行するつもりはなかったにせよ、殺人計画と言われても仕方なかったですね。
さすがに、今後も本格的な芸能界復帰は厳しいかもしれませんね。
今後、上原さんが幸せであってくれることを願います。

-スポンサードリンク-