みなさんこんにちわ。乃木坂46ファンの方、問題です。この方は誰でしょう。
1997年1月22日、ドイツのデュッセルドルフ生まれ。5歳から東京で育つ。ピアノは3歳から始め、4歳から習い始めた。小学生の頃、舞台《アニー》を見て感動し、その後舞台女優を目指していたこの方。そう、乃木坂46の生田絵梨花さんです。ドイツ生まれだったんですね!!なんだかこれだけでも、相当英才教育?秀才な女の子のようなきがしますね。乃木坂46で活動しながら、2017年《ロミオとジュリエット》の舞台に立ちました。さあ、その評価はいかに?!まずはこちらプロフィールから見ていきましょう

生田絵梨花 プロフィール

名前::生田絵梨花
生年月日:1997年1月22日(21歳)
出身地:東京都
身長:160センチ
血液型:A型
デビュー:2007年
ジャンル:アイドル・女優
所属グループ:乃木坂46
活動期間:2007年~

ドイツ生まれの21歳アイドル!これだけでも売れそうな感じの経歴。
生田さんの素晴らしい経歴、ちょっと覗いておきましょう。
*2007年初舞台《ココ・スマイル5~明日へのロックン・ロール~》で初舞台(当時10歳)
*中学へ進学後、学級委員を務める
*月曜:数学・火曜:クラッシックバレエ・水曜:習字・木曜:英語・土曜:ピアノ・日曜:クラッシックバレエ
(何もないの金曜日だけじゃん。。)
*実用英語技能検定2級・日本漢字能力検定準2級・実用数学技能検定3級・書道検定準七段・書画展金賞
(勝っちゃった!私書道検定8段合格(笑))

《こんな実力のある天才がなぜアイドルに?》
生田さんは昔からミュージカルを見に行くのが好きで、アイドルも舞台に立つということから、舞台という共通点で応募し、合格したんだと・・。すごいですねこの方・・。

-スポンサードリンク-



生田絵梨花ミュージカルに出演も評価は最悪?

初めて舞台に立ったのは、生田絵梨花さんが10歳の時。そして2017年、ロミオとジュリエットで舞台に立ち、その後も、レ・ミゼラブルでも舞台に立たれました。しかしながら有名な役どころということもあってか、評価賛否両論ですが、厳しい意見も数々・・

《厳しいご意見》

生田絵梨花さんは歌が上手いと絶賛されていますが、私にはそう思えません。確かに、アイドルの中では上手いかもしれませんがミュージカルに出まくるのはやめて欲しいと思っています。同じように感じる方いませんか?

やはり、アイドルと舞台女優では差がありすぎるのでしょうか。

ロミオとジュリエットは若手を使っているとは言っても、前任の方はとても上手でしたし、最初に出てきた方も上手でした。ですが、生田さんが出てきたとき私は正直首をかしげてしまいました
その方を調べて見るとアイドルの方でした。それだけ見たならきっと初心者だし仕方ないと思えたでしょう。

ちなみにロミオとジュリエットの前任の方というのは、フランク莉奈さん・清水くるみさんといった女優さんでした。アイドルがミュージカルに出るというだけでも、批判は出るでしょうからね。

生田さんの声質は低音に迫力が出ないのが弱点ですね。
がなったりするソウルフルな曲には合わないと思います。

特に乃木坂ヲタやマスコミが絶対評価や独自の視点で生田ばかり注目して
取り上げて持ち上げるものだからそれに流されてしまっている人も居る。
生田絵梨花は相対評価ではなく絶対評価の客寄せ話題性アイドル枠で
優遇されてのキャスティングでしょう。

ミュージカルとアイドルって、同じ舞台だけど、人を魅了するものなんだけど、少し違うものだと、私は思うので、《ミュージカル》を愛している方達からの評価はあまりいいものではないでしょう。
私はロミオとジュリエットはレオ様と、クレアのロミオとジュリエット(映画)しか見たことないので、わからないですが、劇団四季さんのミュージカルは本当に素晴らしく、時間を忘れひきつけられてしまいましたね。そういった力が、生田さんにはまだまだ不足しているのかもしれませんね。
《高評価》

生田さんは、音大卒の方ほど歌えはしなくても、愛らしいルックスとなにより集客力をお持ちでいらっしゃると思います。それに納得出来る演技力がおありなら、キャスティングの選択肢として充分に有りなのでは。舞台で拝見できるのを私は楽しみにしてます。

ロミオとジュリエットの舞台は若手をキャスティングし、客寄せパンダにすると有名なようですね。

コゼットやる生田絵梨花って意外と歌うまかった。高音も綺麗に出てたし。私より綺麗に出てる。驚きー。私はね、アイドル=下手(だって生で歌ってんのほぼ見ないしね。)と思ってたけど、覆ったわ。稀だと思うけどね。頑張れ、生田ちゃん。

幼少期からピアノを習ったりと、音楽とずっと接してきた生田さんだからこそ、アイドル活動しながら、ミュージカルの舞台にも立てるのかもしれませんね。

いくちゃんはホント歌上手いよなぁ〜。ピアノも上手いしな!やっぱドイツ育ちは違うよな

生田ジュリエットはお人形のように可愛い。歌は可憐で小鳥がさえずるかんじ。古川ロミオとのハーモニーも綺麗でしたよ

いくちゃんジュリエット。いくちゃんが歌ってるところをちゃんと見たことがなかったのだけど、こんなに歌上手だったとは…❗とびっくり。ちゃんとミュージカル調な歌い方で、音も外してなかったし。声も可愛くて、ゆんたロミオとのハモりには癒された

このあたりの声になると、ファンの方達の声なのかな?と思わずにいられませんが・・
生田絵梨花さんのミュージカル女優としての評価は、賛否両論アイドルを好きな人と、ミュージカルを好きな人との目線が違うからかなと、私は思いますね。好きなミュージカルを見に行って、アイドルが出ていても、周りの大物舞台女優さん達に勝てるわけはまずないので、そこで比べるでしょうからね。アイドルとしての歌のうまさと、ミュージカルの歌のうまさは別物だと、私は思いますから。安定した《ミュージカル》を見たい人にとっては、ちょっと目障りになってしまう存在なのかもしれませんね。
アイドル、ミュージカルといった畑の違う場所での評価ではなく生田絵梨花さん自身の実力はどうなのでしょうか?

-スポンサードリンク-



生田絵梨花の実力評価!

ドイツ生まれの東京育ち、幼少期から学んでいるピアノはプロレベルとの評判で、ドラマや出演番組などでその腕前をいかんなく発揮しています。

そうなんです、生田さんの出身校でもある東京音楽大学ってすんごい大学みたいですよ。高校も東京音楽付属高校で、この高校はその名の通り、内部進学(エスカレーター式)で東京音楽大学へと進みます。
ちなみに、この、東京音楽大学付属高校の卒業生を見てみますと、盲目のピアニストで有名な辻井伸行さんや、ヴァイオリン奏者の宮本笑里さんなど、超有名な人たちが・・・。

あの大物プロデューサーまでも高評価だった生田絵梨花さんのピアノの腕前!

AKBグループの秋元康さんがトークアプリ「755」で明かしたもので、小室哲哉さんは、「乃木坂の生田さんのピアノは凄いよね。高いレベルの音楽ができる」と話していたといい、秋元康さんもこれにはとっても嬉しいとコメント。生田絵梨花さんは大物プロデューサーの小室哲哉さんもうならせるほどの才能を見せつけました。

あの小室さんからこの評価はホンマもんですよ!!

そして肝心の東京音楽大学のレベルですが、東京音楽大学は、国立大学の東京藝術大学、私立大学の桐朋学園大学に次ぐレベルを誇る大学で、国内外に多くのピアニストを輩出しております

なんだかすごい大学のようですね。大学とかのレベルとかには疎い私ですが、これはほんと、レベルの高い大学だということはわかります。

さて、今回は乃木坂46の生田絵梨花さんについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?アイドルにはなったものの、目指すところは、舞台、ミュージカルというのが、生田絵梨花さんの小さい時からの夢であり、現在その道に進みつつあるのでしょうから、応援してあげたいですよね。ただ、酷評が多いのも事実であり、向いているかどうかは、これからその道でやってみない事にはわからないのかもしれません。ただ、酷評が多い理由に、やはり、《アイドルとしては》というものが付いて回っているような気がします。まだまだこれから先は長いでしょうし、認められるミュージカル俳優になるまで、日々努力になるでしょう。きっと生田絵梨花さんなら益々の成長を見せてくれることでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-スポンサードリンク-