みなさんこんにちわ!
舌をペロッと可愛く出すあの女性タレントさん。いや、タレントというよりも、非常に美しいモデルさんですね。この方は、ローラさんです。色々な番組やCМで活躍されているローラさんですが、非常にユーモア?素?でちょっとおまぬけな感じもオーラも持つローラさんですが、ローラさんにもまた枕の疑惑が・・・・枕!と言って、枕のCMだよ~って言えたらどんなにいいでしょうね。しかしまあ、違いますわな。今回も調査頑張ります!!まずはローラさんのプロフィールから。

ローラのプロフィール

名前:ローラ
生年月日:1990年3月30日(28歳)
東京都出身
バングラデッシュ人の父と、日本人とロシア人のクオーターである母を持つ
公式サイズ
身長:165センチ
体重:45キロ
スリーサイズ:B82・W58・H86
デビュー:2007年《POPTEEN》
ジャンル:ファッション
他の活動:バラエティタレント・歌手

ローラってこんな人

“ローラ”という名は米国のテレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物「ローラ」に由来する。幼少の頃に両親が離婚。実父とともに実父の再婚相手となった中国人の継母と生活して育った。日本で生まれてすぐにバングラデシュへ移り現地のアメリカンスクールに通った。小学校1年生の時に日本へ帰り、しばらくして再びバングラデシュへ移住。やがて父の仕事の都合に伴い9歳で日本へ再入国。本人いわく「この頃から日本語がうまくなった」という。高校時代に渋谷でスカウトを受けてモデル活動を開始双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。

モデルとしては雑誌『ViVi』での活動が著名。各種テレビ番組などへのタレントとしての出演も活発で、会話の合間にペロッと舌を出したり頬を膨らませ、敬語が苦手なことから誰彼なしに、いわゆるタメ口で接するキャラクターで知られている

すごいですね、弟さんもそのまた下の兄弟も双子なんですね!!おかあさんが双子っ腹?!さて、幼少期からなかなか壮絶な人生を歩まれてきたローラさんです。

ローラのトラブル報道

2017年6月17日、「最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない。」「 いま誰のことも信じられないないくらい怖いんだ。」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。 10年の信頼をかえしてください。」などのツイートを行って注目され、8月には所属事務所の「LIBERA(リベラ)」に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして契約終了を求める申し入れ書を送付していた、との報道がなされた。
2018年4月27日、「LIBERA」と和解したことを報告。

この報道も有名ですよね。所属事務所とのいざこざ。幼少期から今まで色々とあったローラさんですが、枕の実態や真相はどうなっているのでしょうか?

-スポンサードリンク-



え?ローラが芸能界の黒い掟にカツ!?

ローラ芸能界の「掟」に、造反!!

まあ芸能界というのは、見かけはきらびやかではあるが裏側はドロドロとしています!!

芸能界の基本は、「タレント発掘」ですが、早い話が金になる男女を探して付加価値を付けるべく育て上げて「高く売る!!」という事ですが、その高く売る売り方に問題があるのです!!
「映画」や、「ドラ」、「バラエティー」等に出演できるのであれば芸能プロも成り立ちますが、所属タレントの大半は大した仕事もありません・・・!!
そこで仕事を取るために、「クライアント」や「番組制作会社」の主要人物に営業を仕掛けますが何よりも手っ取り早いのは女性タレントを使った「枕営業」という分けなのです!!
現在の芸能界では、「枕営業」は常識ですから芸能界入りした新人には言葉を変えてレクチャーし「芸能界では枕営業をしないと有名になれない」と思い込ませてしまうのです!!その一番の合言葉のようなものが、
「〇ックスは、スポーツなのよ!!」
芸を磨くためには、男遊びをしなくては!!」と、教え込まれます。

どんな教育やねん!!!まあでも、結局は仕事を取るには一番『手っ取り早い』方法なのは間違いないでしょうね。で、ローラはなにを造反したの?

現に「枕営業」した先輩たちは「映画」や、「テレビ」、「舞台」で活躍しているとなれば有名になるためには・・・・。
大半の男女が、「枕営業」を始めてしまいます!!仕事を取るための自由恋愛という「売春」なのです!!
この芸能界の「掟」を蹴とばしたのが、ローラですから絶賛すべきでしょうが現実は厳しく・・・・。
残念ながらローラは、芸能界で干されてしまいドサ回りタレントとしてしか芸能界では生き残れません!!
まあ事務所に「全裸写真」の出演契約を勝手にされたのでは、本人も驚いて逃げ出しますよね!!森喜朗が、隠れ顧問のアダルト専門の「DMM」との契約ですから最終的にはAVまで強要されるでしょうから・・・・・。

なるほどね~。先ほど、トラブル報道を載せておきましたが、それに大いに関係があったようですね。
つまり、所属事務所に全裸写真の出演契約を勝手にされてしまった。それに怒ったローラは芸能界の暗い部分を一括!しかしながら、黒い部分(枕営業等)が当たり前の芸能界にとっては、ただ単にローラが干される理由にしかならなかったと。

ローラと事務所の奴隷契約

上記のこともあり、そして、事務所との契約の件もアリ、そして水面下で守ってくれる方も見つかり・・の結果、ローラさんは表に出したようですね。

「週刊文春」の取材によって、トラブルの原因は彼女と所属事務所「LIBERA」の間で交わされた“奴隷契約書”だと判明した。

どんな契約書だったか?

契約満了を迎えても自動的に10年契約が更新される仕組みになっており、また、たとえローラ側が契約更新しない旨を事務所に明示しても、事務所サイドの了解がなければ契約を解除できないという一方的なものだった。仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという、まさに“奴隷契約”と言っていい内容の契約書にサインをしているという。

まさに奴隷じゃないですか・・日本って、なんでも仕切らないと気が済まないみたいなところあるけど、人は、モノじゃないし、人間は道具ではないんだから、人として、きちんと対応したり見てあげていかないと、人なんてついてこないでしょうにね。

ローラが契約の内容を確認しようとしたところ、事務所社長から「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなくアメリカでも活動できなくするぞ」と恫喝されたというから恐ろしい。今回、「文春」の記事によって、このツイッターで言及されている人物が所属事務所・LIBERAの代表取締役である羽布津康史氏であることがわかったのだ

怖いなあ・・どんだけ縛られてるんだろうね、芸能界って。ローラなんて、事務所の稼ぎ頭だっただろうにね。もっと大事にしないと。

芸能人と芸能事務所の契約には、ローラと同じような奴隷契約的なところがありますからね。それを批判すると、大手の事務所まで敵に回してしまう。だから、テレビはこういう問題をほとんど報道しないし、報道するときも『タレントのわがまま』というトーンになってしまう。テレビ局は完全に、芸能事務所側なんですよ

ま、結局そういうことなんでしょうね。枕営業しろと言われてしなければ干され、間違ったことを言ってなくても、結局普通レベルを作っているのは所属事務所だから、白と言われれば必然的に白であり、黒だと言われれば黒になる。そういう世界なんですよね。なんだかな~って思う。でも、いざこざあったりしてたけど、干されたって言ってたけど、実際全く見ないわけじゃやないですよね。その裏にはあの大物俳優が関係しているようですよ?

-スポンサードリンク-



ローラが芸能界から消えない理由

ローラの父親が逮捕された事も含め、その後も芸能界から全く姿を消したわけでもないですよね。その訳は結構意外なものでした。
え?まちゃあき??

ローラが消えない理由とは・・・・それは、堺正章との関係があるようです。
くりーむしちゅーの有田もハマった、肉食な性格が関係しているんだとか。

え~堺正章さんって、あの猿ですよね、おっと、言葉が足りなかった。夏目雅子さんが三蔵法師役をやられてた時の悟空役って、堺正章さんでしたよね~!何より悟空のイメージが強くって(汗)あとは、新春かくし芸大会のオオトリでしたよね!でもなんで堺正章さんとの関係が生き残ってる理由?

大手事務所ケイダッシュの社長は、堺正章の元マネージャーであったり、バーニング関係の力のある人は、
堺正章と親交があると言われています。

愛人というわけではなさそうですが、堺正章の奥様のお誕生日パーティーに呼ばれたり、自宅に招かれたりするほど、
堺正章は、寵愛しているそうです。

愛人関係とか、そんなんじゃなく、堺正章さんの奥様とも親交があるようですし、本当に可愛がられているのでしょうね
しかしながら、堺正章さんにそんな力があったとは正直ちょっとビックリ・・・

最後に・・

今回は、モデルであり、タレントのローラさんに注目してきましたがいかがでしたでしょうか?
ローラさんの顔が欲しいと思ってる人はたくさんいると思う。だってきれいな人だから。しかし、キャラが濃すぎる~!!でもそれはローラさんの持ち味であり、愛されている証なのでしょうね。
ローラさんの枕営業について調べてみても、一向にそれらしきものは出てきませんでした。
一括したローラさんにとって、芸能界の闇は非常に疎ましいものでしかないのでしょうね。それがローラさんの実力なのかもしれませんし、やはり幼少期に日本以外での生活があったことが大きく影響しているようにも思います。
現在の日本は、一般職も家庭も、まさに奴隷制度ですからね。すべてにおいて同じことが言えるでしょうから。
ローラさんのこれからの活躍にもっともっと注目していきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

-スポンサードリンク-