土蜘蛛とか、女郎蜘蛛、クモノスなんていう得意技知ってます?いえいえ、ゲームの世界じゃないですよ?これ、格闘技の世界の技です・・。この必殺技・・いやいや、得意技をお持ちなのは、この方紫雷美央さん。みなさんご存知でした?名前聞くだけでとんでもない羽交い絞めを食らいそうで怖い私ですが。今回は、紫雷美央さんについて調査していこうと思います!お付き合いよろしくお願いします。ではまずこちらから↓

紫雷美央 プロフィール

リングネーム:紫雷美央・KAGUYA
ニックネーム:閃光美女・フォックスレディー
生年月日:1988年2月14日(30歳)
出身地:神奈川県鎌倉市
身長:163センチ
体重:54キロ
所属:アイスリボン
デビュー:2007年3月4日
引退:2015年9月20日
紫雷美央さんは、元女子プロレスラーです。現在は、レフェリーとして活動されている方なんです。実は紫雷美央さんは、紫雷イオさんの実のお姉さんなんです。姉妹揃ってプロレスラーとは・・家にお邪魔したら、挨拶代わりに投げ飛ばされそう(苦笑)
さて、上記で紹介した、得意技の詳細、紹介しておきましょうか。
*土蜘蛛➡シットダウン状態の相手に背後から首4の字をかけ、そのまま前転しつつ相手の足をクラッチしてフォールを奪う。主なフィニッシュホールド・・なので最後の必殺技みたいな感じですかね?
*女郎蜘蛛➡相手に首四の字固めを仕掛けた状態でトップロープから垂れ下がる。反則技のため、直接ギブアップを奪う技ではない。・・あら~反則技なんですね・・ううう・苦しそう・・
*クモノス➡飛び付き式の卍固め。・・恐ろしすぎる・・死んじゃいますよ・・。
はい、非常に恐ろしい技の数々をご紹介し、ちょっと体のあちこちが痛くなったところで、そろそろ本題に入っていきたいと思います。
先ほどもお話しした通り、紫雷美央さんは紫雷イオさんと姉妹だと言いましたが、このお二人は、少し前まで、お二人で活動もされていたようです。

紫雷姉妹

美人姉妹レスラーとして活躍する紫雷イオは、実姉・紫雷美央とのコンビ=紫雷姉妹として多くのプロモーションに参戦するも、一年ほど前に姉妹コンビは解散。紫雷イオは、愛川ゆず季らが属するスターダムに参戦するようになった。

元々はお二人で活動されていた紫雷姉妹のお二人ですが、なんだか色々と会ったようで、バラバラになってしまったんです。

姉・紫雷美央と妹・紫雷イオは、プロレス観の違いから3年前に決裂。その後、両者は同じマット業界に身を置きながらも接点をほとんど持たず、それどころか冷たい舌戦を繰り返して、いがみ合っていた。この背景には、いくつかの社会事件における言い分の違いや各団体の思惑が複雑に絡み合っており、とても一筋縄ではいかない

ただの兄弟喧嘩の域を超えた決裂になってしまったようですね・・・。そしてその後にあった妹イオさんの大麻密輸疑惑による逮捕・・。その事件以降、絶縁状態になってしまった紫雷姉妹・・・でも、実の姉妹・・お姉さんは心を痛めていたことでしょう・・・

-スポンサードリンク-



紫雷美央 妹と絶縁状態だった

「妹がこのような事になってしまい大変動揺しております」と切り出すと、
「妹と行動を別々にして一年弱。その間、彼女との会話は無いに等しい状態で、彼女は自分の活動を教えてはくれませんでしたし、私がマスコミさんのコメントで妹の事を語るのを嫌がり私との関係を全て断ち切りたいと行動を別々にするときに言われ、彼女ももう子供では無かったので彼女の自主性を尊重していました」
「別行動をとるようになってから、プロレスに対する考えかたや性格の違いから姉妹としての関係にも亀裂が走り、家族としての会話もほとんど無くなってしまいました」などと姉妹コンビ休止後は、絶縁状態だった関係を告白。
「今考えると、この時に突き放すのではなく、彼女に歩み寄ったり彼女の行動を理解してあげてたらよかったと後悔しています」と後悔の弁を綴った。

絶縁状態だった二人。同じ協議で頂点を目指すライバル同士でもあったでしょうし、共に活動し支えあえる仲までもあったでしょう。でも、紫雷美央さんは姉としても、いつも心の中で妹イオさんの事を心配していたのかもしれませんね。それを伝えるには、近すぎた関係であり、実の姉妹ということで、向き合えずにいたのかもしれませんね・・・ちょっと悲しい決別になってしまったような気がします・・その後、お二人は、リングでガチンコ勝負をすることに・

去る2月14日、ユニオンプロレス、OZアカデミー、アイスリボン、プロレスリングWAVEの4団体合同興行「M.I.O」が、新宿FACEにて超満員札止めとなる509人の観衆の中で行われた。試合はエンタメ化が進む近年のプロレスでは珍しく、非常に緊張感溢れる内容だった。いつものようにマスク姿で入場する妹・イオと、女狐を思わせる尻尾をつけたスタイルの姉・美央。「イオー!」「美央ー!」という歓声の大きさは、ホームということもあって、姉がやや上か。黄色と紫のテープが交錯する。ゴングが鳴っても、しばらくはコーナーに分かれてメンチを切り続ける2人。アイドル系レスラーとして知られる妹のイオだが、この日は血の繋がった姉を前にして殺し屋のような目つきをしていたのが印象的。観客も声を出すことを忘れ、固唾を飲んで見守っている。緊張と静寂。リングサイドに陣取った報道陣のシャッター音だけが鳴り響く。

姉妹のガチンコ勝負って、他人同士のガチンコ勝負よりよっぽど怖いですよね。しかも絶縁だったこの姉妹が同じリングに立つとは、当時は誰も想像できなかったでしょうからね。

フィニッシュはイオのムーンサルト・プレスでピン。「3年間で重くなっていた」と試合後に美央が苦笑いしていたように、勝負の行方を分けたのは闘志や技術ではなく階級差だったようにも思う。試合後は、まず勝ったイオがマイクを握り、「3年間……短いようで、やっぱり長かったと思います」と語り始めた。「今日こうして、このリングでぶつけたわけだけど、こんなにたくさんのお客さん……そしてたくさんのメディア・マスコミが注目して。まず、そんな試合をできたことがすごいことだと思っています(ここで場内から拍手)。最初は20人とか30人とか、そんな人数のお客さんの前でやっていた姉妹ゲンカが、こんなにすごい試合になって。それは全部この場を用意してくれた美央のおかげだと思っています(再び場内から拍手)。どうもありがとう!」さらにイオは「見えない壁、壊れましたか?」と観客に問いかける。見えない壁が壊れたのなら、まだまだ続きがあるはず。これで美央とお別れだなんて自分は思ってない。美央となら、まだまだ全然すごいことができるはず。今日は終わりではなく、新たなスタートなのだとアピール

美央さんとの関係を断ってしまった妹イオさんも、この試合によって美央さんの存在の大きさを感じたのかもしれませんね。きっと絶縁関係は時間をかけてでも修復されていくことでしょう。三年間で重くなっていたという言葉がすでに、二人の距離感を感じ、そして、姉妹の愛情を感じますね。そして美央さん自身も・・・

続いてマイクを持った美央は、「自分の自宅で自分でバースデーパーティーを開き、主役を取られた感じ」という独特の言い回しで観客の笑いを誘うと、「今日は負けちゃったけど、いろいろ私のやるべき方向性も見えました!」と笑顔で充実感を滲ませていた。

お二人が、ガチンコで、そしてリングの上でぶつかり合うことが出来て、結果良いものが生まれたようですね。修復できるのも、姉妹だから。絶縁状態だったかもしれないけど、いい姉妹だな~って思ってしまいました。さて、そんなこんなで美央さんは、その後、レスラーを引退されることに。その引退の理由とは・・

-スポンサードリンク-



紫雷美央 引退と、その後 そして現在

女子プロレスラー・紫雷美央(27)が20日、後楽園ホールで引退試合を行い、8年半のレスラー生活に別れを告げた。3試合に出場して完全燃焼した美央は試合後、指輪を取り出して「結婚します」と明かし、「これまでの8年半はいいレスラーになるために頑張ってきたけど、これからはいい嫁さんになるよう頑張ります」と誓い、大歓声を浴びた。10月に入籍予定でお相手は「言わねえ」と明かさなかった

そうなんです!美央さんは引退後、結婚されたのです!!!おめでとうございます!!!!ちなみにこの時明かさなかった旦那様は、【プロレスラーのタンク永井さん】!!結婚式もまさかリングで!?と思いまいましたが、結婚式場で(笑)でも・・・絶対喧嘩したくない奥さんであることは間違いないかと・・引退試合の日、なんと絶縁状態だった妹のイオさんも私服でリングに上がり、姉美央さんの引退を見届けました。泣けちゃいますね・・・。
レスラーを引退した美央さんはその後、レフェリーとしてデビューし、リングの上で今までとは違う立場での活躍をされることになりました。

そしてそして!!なんと!!その後の年末の夫タンク永井さんの試合で、美央さんのお腹に赤ちゃんがいることが!!!そして、2017年6月18日、無事に娘さんを出産され、一児のママになった美央さん。ママに似て、強くなるんだよ~!
【紫雷美央の現在】

2016年
12月31日 – 妊娠を発表。レフェリーとしての活動は正危軍も含めて一時停止。
コプロMCやコーチとしての活動はギリギリまで継続。
2017年
5月3日 – 産休に入る為、プロレスサークルコーチを一時退任。6月18日 – 出産。
11月23日 – 横浜ラジアントホール大会にてレフェリー復帰。

結婚、妊娠、出産を経て、2017年11月、美央さんはレフェリーとしてリングに復帰しました。ママレフェリーってめっちゃかっこよくないですか?
最後に・・プロレスラーとして、8年半活躍されてきた紫雷美央さん。美央さんが、そのプロレスラー人生の幕を閉じたとき、共にリングで引退を見届けたのは実の妹である、紫雷イオさんだったことは、本当に感動以外の何物でもありませんね。絶縁状態を経て、この姉妹はこれからもきっといい関係を築いていかれることでしょう。私には兄弟がいない為、こういった兄弟愛を感じるということはできませんでしたが、これが兄弟なんだなと思わせていただけた調査にもなりました。お子さんと旦那さん、そして美央さんがこれからも元気で幸せに活躍されることを心から願いたいと思います。ちなみにこの紫雷姉妹は実は三姉妹で、長女さんは美央さんとイオさんの事を漫画にされているようです。非常にわかりやすくおもしろかったので紹介しておきますね。こちら➡ 妹ちゃんがプロレスラー 
最後までお読みいただきありがとうございました。

-スポンサードリンク-