2001年代ヒットした【涙そうそう】を歌った、沖縄美人!歌手の夏川りみさん。
高いキーもきれいに出す彼女の声は、皆の心を癒し、ゆったりとした気持ちにさせてくれたのではないでしょうか。さて今回は、歌手の夏川りみさんについて調査していきたいと思います。
まずはこちらから↓

夏川りみのプロフィール

名前:夏川りみ
本名:玉木りみ(旧姓:兼久)
生年月日:1973年10月9日(44歳)
出身地:沖縄県石垣市
ジャンル:J-POP・フォークソング・民謡・演歌
活動期間:1986年~
夫:パーカッション奏者 玉木正昭(TUBEのサポートメンバー)

実は夏川りみさんは、以前は1989年に星美里の名前で演歌歌手としてデビューされていましたが、ヒット曲になかなか恵まれず、1996年に一度引退され、沖縄県で1998年にラジオ番組のアシスタントとして、本名の兼久りみの名前で出演していたようです。その後、1999年に夏川りみの名前でデビューされました。デビュー後もなかなかヒット曲には恵まれませんでしたが、2001年に発売した【涙そうそう】が大ヒットしました。

さて、透明感のある声で大ブレイクした夏川りみさんですが、素朴なイメージもあり、以外!という声もありますが、実はタトゥーを入れてるんですよね。

夏川りみのタトゥーの場所

夏川りみさんは、左手の手首にタトゥーが入っているのです。

一見するとブレスレットと間違えてしまいます。

アクセサリーなどをしていると、よくわからないかもしれませんが、ブレスレットのようなタトゥーが入っています

そして右足首にもタトゥーが入っています。

ワンポイントなので、アクセサリー感覚でとてもお洒落ですね。

大々的に入れているような大きいものではないので、アクセサリーと間違えてしまいそうですが、タトゥーですね

夏川りみのタトゥーの柄と意味

【柄

夏川りみさんの入れているタトゥーは、沖縄のミンサー柄です。沖縄のアーティストでもミンサー柄のタトゥーを入れている人が多く、とても人気だそうです。

また、大切な人を守ってくれるというお守りのような力があると言われており、昔から大切な人に贈られてきたそうです。

これは沖縄の柄のようですね!ミンサー柄に込められた意味とは何なんでしょうか?

【意味】

夏川りみの入れている刺青の、沖縄のミンサー柄が意味することは「いつの世までも末永く」「いつも世までも変わらぬ愛」という意味があるそうです。

沖縄の伝統工芸、ミンサー織。ミンサー織には「いつの世までも変わらぬ愛」という意味があり、縁結びのアイテムなのだ。いずれも家族や先祖を大切にする沖縄人らしいタトゥーである。

タトゥーって、イメージが悪い感じですが、意味を知ると、非常に夢のあるものだなあと感じますね。特に、夏川さんのように沖縄ならではのものと、意味は、その人そのものを表してるように感じます。

しかし、夏川りみさんと言ったら、素朴さ溢れるその人柄と、透き通った声の歌唱力、優しいお母さんのイメージがあり、視聴者からは、意外だった!の声が多く上がっているのも現実です。

夏川のタトゥーは左手首に彫られたもので、マイクを掲げた際にバッチリと映り込む場所でもある。彫りこまれたタトゥーの柄は“ミンサー”という沖縄特有の模様で、「いつまでも末永く」といった意味があるという。石垣市出身の夏川らしいという声が上がる一方で、「夏川りみがタトゥーを入れること自体が意外」「夏川さんて地味なイメージだったからビックリだよね」「沖縄特有の柄っていうのは理解できるけど、タトゥーまで入れてしまうのは感覚的についていけない」といった声も上がっている。

タトゥーと、夏川りみさんのイメージとつながりがないため、どうしてもこういった声があがってしまいます。しかしながら、夏川りみさんのタトゥーには、素敵な意味が込められており、お守りのようなタトゥーなのですが、やはり、タトゥーはタトゥー。どうしてもいいイメージをぬぐいきれないようですね。これは仕方ないのかもしれませんね。

-スポンサードリンク-



夏川りみはタトゥー消した?

今年の6月、夏川りみさんがFacebookでアップしている写真を見たところ、左の手首に入っていたタトゥーが、消えてる!?タトゥーが確認できませんでしたが・・夏川さん、けしたので消したのでしょうか?

《タトゥー消した理由》

どこを探しても見つかりませんでした。消したということも見つかりませんでした。しかしながら、歌手としても、タトゥーが入っていることで、離れていくファンも実際いますし、まだまだタトゥーに対しての理解がないこの日本では、実際問題として、子供の進学、公共の場でも見せることはできませんし、温泉やプールにも入れません。もちろん世間体も悪いのが現状ですしね。タトゥーにどんな意味が込められていたとしても・・。実際、タトゥーを消した芸能人もいますね。安室奈美恵や、梅宮アンナさんなど、やはり、女性の方が多いのかもしれませんね。母親になってから、タトゥーを消す方が多いように感じます。夏川りみさんも、一児の母。もしかしたら、お子さんの為に・・という説も大いに考えられますね。後は、イメージ回復の為というのも考えられますね。

一般的にたとえミュージシャンであっても刺青に良いイメージを持っている人は少なく、特にヤクザを彷彿とさせてしまうため刺青が入っているだけでファンをやめてしまう人もいるほどのようです

逆の見方も出来て、《芸能人のタトゥーは良くて、一般人のタトゥーはだめ!》みたいなところもありますからね。たぶん、世界のどこを探しても、そういう偏見のある国は日本ぐらいでしょう・・・芸能人が入れてるとかっこいいし、意味も深くて素敵だけど、一般人が入れてたらただの怖い人とか、遊び人とかのイメージしか持たれないですしね。どちらにせよ、刺青というものが入っていて、信用されたり、素晴らしい!といったイメージを持たれることは、ほぼ100%ありません。そういったことからも、夏川りみさんのタトゥーも消えたのかな?と思います。

-スポンサードリンク-



まとめ

はい、今回は夏川りみさんの意外過ぎる《タトゥー》について見てきましたがいかがでしたでしょうか?
最後に要点をまとめておきましょう!

*歌手の夏川りみさんは左手首と、右足首にブレスレットのようなタトゥーが入っている
*柄は、沖縄に昔から伝たわるミンサー柄
*柄の意味は、《いつの世までも末永く》といった意味であり、お守りのような存在
*使用者からの声は、意外!ついていけない!等否定的なものが多くあった
*タトゥー消したとされる理由については定かではないが、
イメージ復帰・子どもの為・等々が考えられる
今後、また全国放送の方にも是非出てきて頂いて、美しい歌声で、日本を癒してほしいです。最後までお読みいただきありがとうございました

-スポンサードリンク-